読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm only sleeping

日記 雑記 思いつき ついったー https://twitter.com/1dgwa

原因のない不安はあるか?

 原因のない不安はあるか、と言う話題が昨日議論になったので、簡単にまとめようと思う。

原因というものを、僕は解決可能な、行動によって改善できるものとして捉えた。
原因というのを字義通りに捉えれば、脳内で起きている複雑な神経伝達物質や、その受容体の作用として捉えることも出来る。どちらも原因であるというのはkitaさんのとった解釈だ。これについては僕が前者を暗黙の前提で語っていたので、議論が食い違ってしまった。

この時点で原因を二種類にわけることはできる。
a.具体的な心配事が不安を引き起こす場合
 借金があって不安だとか、試験が明日あるが、落ちるかもしれないので不安だとか、そういった具体的なものだ。
これに関しては解決できるものと、できないものがあるが、とにかくその問題は現実の問題だ。
b.不安という感情が、心配事なしに存在する場合
 <blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">以前いた業界で通帳に4000万溜め込んでた真面目なおじさんが経済的不安で鬱病になった<br>いつも金がない金がないと言っていた<br>おまえの通帳はなんだそれはと誰もが思っていた</p>&mdash; Nikaidou Moriyoshi (@captainjaguar) <a href="https://twitter.com/captainjaguar/status/836610836302999553">2017年2月28日</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>

 ピーター・ドラッカーの著作『傍観者の時代』によれば、フロイトは大学教授として豊かな診療報酬を手に入れていたにも関わらず、金銭的な不安にかられていたようだ。現実の問題とは無関係に不安の感情が生まれることもある。
医療における意志決定について書かれた、『考える医師』という本の中には、心配事の原因を探す、不安神経症の患者を例にとった、次のような記述がある。

不安はおそらく適者生存によって選ばれた一つの性格である。有史以前の先祖は危険を警戒するためにいくらかの不安が必要であった。現在の正常とはかけ離れているだろうが、恐怖で絶えず動けなくなるようなことなく、食料を得て生き延びるのに必要十分な用心深さと思い切りのよさを併せ持つ理想的なレベルがあったのだろう。しかし、これは無視できないほどの生物学的多様性の余地を残す。正常を定義する範囲は決まったものではない。統計に基づく「正常」を決めるときには、平均値から2SD(上位約2.5%と下位約2.5%)のところへ垂直に線引されることがある。しかし、私たちが知るように「病気」というラベル付けは文化的に決定されている。それは独断的で、変わり得るものである。不安のレベルがちょうど良い環境にいる人もいれば、あまりにも高すぎたり、あまりにも低すぎたりする人もいる。
  医師「…だからJason、あなたの問題に対する理由を探しても何の役にも立たないのかもしれません。ただあまりにも多くの不安を持って生まれたという以外に、理由はないのかもしれません。あなたがその症状を乗り越えていけるように手助けするのが私たちの仕事です。さて、私には幾つかの考えがあります…」

Chris Del Mar, Jenny Doust, Paul Glasziou『考える医師』 名郷直樹  吉村学 メディカルサイエンス社


 不安という問題を考える時、それが具体的な問題によって引き起こされ、具体的な対処によって解決できるものか、その人の生まれ持ったものなのかは、区別する必要がある。借金が不安の原因な人は、借金の返済を具体的に計画するべきか、自己破産を行うなどの対処を考えることによって解決できるし、明日の試験が不安ならば勉強して眠って、朝起きて試験を受ければ解決する。
 しかし心配事なしに存在する不安は、不安への対処法を学ぶ必要があり、原因を探すことはあまり役立つとはいえない。探求の末に、偽物の理由を見つけてしまった場合、泥沼にハマってしまうことだって考えられる。

 多分昨日の議論が泥沼になったのは、原因という言葉を、文字通りの原因と捉えるか、その感情を引き起こした現実の出来事として捉えるかの問題だったのだと思う。kitaさんは文字通りの原因として捉えており、僕と二階堂さんは現実の出来事として捉えていた。
 そこについて僕は昨日はっきりと言及していなかった。言葉が足りなかったと思うし、僕が余計な説明をして話をややこしくしたと思う。
<blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">これだよ。変な小理屈こねてっから幸せになれんのだ。人間は良い射精・良い食い物・良い睡眠をすれば殆どの悩みが消えるのだ。それを満たしてから悩め</p>&mdash; kita☆ユリハラム・コレクト (@kita19450815) <a href="https://twitter.com/kita19450815/status/836580710613803008">2017年2月28日</a></blockquote>
<script async src="//platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script>
 これは原因不明な不安の幾つかも解決するだろうし、原因が明らかな不安にも有効だと思う。
空腹で不安を感じるのは当然だし、栄養が偏った状況で不安が増すのも納得できる。睡眠不足も同様だ、極論で語る睡眠医学の中では、ティーンエイジャーの自殺について触れた以下の記述がある。

しかし事実として、この年代に自殺が急激に増えます。そして、ここにも睡眠が密接に関わっています。実際に睡眠時間と絶望感、希死念慮、自殺企図との関連が報告されています。

河合真『極論で語る睡眠医学』

 良い射精がどうかについてはソースはない(けどいかにも説明はつきそうだ。それを実験するべきかはまた別の話)

 そしてこれらは漠然とした不安についてもある程度有効だと思う。それに、一般的にティーンエイジャーが自分の不安の原因を考えた時に、きっと寝不足だからだろうなと思い至るのは、少し難しいと思う。寝不足でも身体は動く人が多いし、不安になりそうなことは沢山ある。

 でもそれが具体的な原因のある不安か、睡眠不足に起因する不安かを見極めるのは難しい。(睡眠不足は酔っ払いと似てる。酔っ払いがまだ酔ってないと千鳥足で主張しがちなように、寝不足の人も寝不足じゃない、寝不足のせいじゃないと思いがちだ。)だからkitaさんの言ってた良い睡眠・良い食事・良い射精は、不安への対処になるのだと思う。

 少なくともそういった自然な活動を試すことは、害にはなりづらい。