読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

I'm only sleeping

日記 雑記 思いつき ついったー https://twitter.com/1dgwa

日記

毎日書いた文章の量を記録するような単純なフィードバックの仕組みを組み込んでおくのはとても大切に思えるのだけど、それと不可解な出来事を捕まえていくのはなにか正反対な用に思える。じゃあどうすればいいかというと、それがなかなか難しい。頭がはっきりすればいいと思うのだが、なかなかそうはならないようだ。ここ最近はどうにも頭がぼおっとする。鼻炎を止めるために薬を飲んでいるのだが、そのせいかもしれない。それにかぎらず、頭がぱしーっとはっきりとする感じの日が都合よく毎日来るわけでもないし、来たとしても一日中ゲームに使ったりしてしまうわけだ。何か新しいゲームでまた一から戦略を練るようなことをしてみたいのだけど。
 小説を書くのもそれに近いところがあって、なにか問題を見つけて、それを解決しようとする試みだ。問題は必ずしも明示されるわけではないし、解決されるわけでもない。しかし解かれるべき謎はあって、仮説レベルの解答はある、というわけでもなく、解答はあったりなかったりだ。
 civilization4は、あまりにも多くの要素をコントロールしなければならないし、これだけ押さえていればいいというパラメーターがかなりの数あるので、一つ一つを時間をかけて吟味していくか、ある程度操作を自動化して重要なポイントを山はっていくしかない。
 俺は一つ一つの要素をコントロールするのはとても苦手で、感覚とアルゴリズムにあてはめるのを組み合わせてやっているのだけど、やりたいのは新しい手を考えることで、そのへんがなんとも噛み合わない。
 単純なアルゴリズムを使うのは考えることではないと以前考えたのだけど、それは間違いなく知的活動の一つではある。
 とはいえなんだかあんまり頭を使っている感じはしなくて、勝手に動いているんだけど。自分の頭でコントロールしながら文章を書くことなんて可能なんだろうか、それこそ何か自然な呼吸を消してしまうような感じがする。というか多分そうで、それは意識して呼吸するくらい愚かなことだ。
 小説を書く上での最大の問題点は未だに最長の完結した作品が原稿用紙で150枚というところで、それ以上長く書くことができないことだ。それをなんとかできればいいと思うのだけど。