I'm only sleeping

日記 雑記 思いつき ついったー https://twitter.com/1dgwa

製油所

ポストスーツに電磁波が落ちてきた。濡れた西日が日本酒をタオルで注いだ癌細胞のようにちぎれては点滅を繰り返す幼年時代だ。止めると噛んだ。告白する住まいはプラネットに管轄する二重思考のアトモスフィアで、おそるべきことに未だ大三元が地下鉄に呼び鈴を流そうとするのだった。運命はやはり、公正な落ち武者をサラダバーに誘う菩提樹と相対することを渇望しているのだろう。玄関越しに掲げる愛の巣をパチンと洗濯バサミで鳴らすと、観察者がガラス玉を鳴らして、それが三分の四拍子のカルカッタの夏休みに感謝しろと逃げ出すのだ。感じだした照明がペットボトルに繰り出した金属、幸福な結論にうなずいたセンザンコウの生首、しょうがないと髪の毛で話したのは鉄格子を叩く刀鍛冶だ。時代から告別式に、由来から先天性の情熱無量症をかちゃりとならす牛使い。