I'm only sleeping

日記 雑記 思いつき ついったー https://twitter.com/1dgwa

日記

日記

随分久しぶりに文章を書くような気がする。説明のブログやなんかは書いていたけど、特別何か伝えるような、頭の中をトレースするような文章は書いていない。理由がなにかあるのかな、多分やたらと珍しく活動的になったからだろうな。ボドゲ会に行ったりあち…

日記

二ヶ月ほどまともに文章を書いていなかったら小説を書ける量が半分ほどになっていた。しかし妙な迷いは幾らか振り切れたように思う。運動をすることで頭のなかの批評家を幾らかおとなしくさせることが出来たようだ。小説を連載するというのは随分したことが…

日記

今日も5枚ほど小説を書く。隙間時間を使えばなんとかなるものかもしれない。しかしかもしれないというレベルでしか無くて、ゆったりとした時間がほしいと思うのだけど、不足気味の時間のほうがいいのかもしれない。しかしあれもこれもやるというのは本当に…

2014/05/07

・砂糖とカフェインがちょっと増えすぎたから減らしていく必要がある。とりあえず砂糖・炭水化物に関して言えば減らしても別に支障はなさそうだ。ジムで30分ほど全力で体を動かすと限界になるとか、自転車を漕ぐ際にスピードがいまいちでないとか、頭を使…

メモ

奥深くに潜っていくような感覚を随分忘れているような感じがする。 開かれた社会とその敵を読み始めた。なんだか好きになれそうな本だ。 わからないことに焦点を当てた本を好ましく感じるようになったのはいつからだろうか。確かなものがまるで少ないという…

2014/03/29

友人がコミカライズはクソみたいなことを言っていて俺もそれに納得したようなつもりでいたのだけど、俺がそのようなものを見たのは二作くらいしかなかったし、どっちも特別好きな作品ではなかった。ところが氷菓のコミカライズを読んでみると結構面白くて、…

不調

とりあえず何やらやる気先生がどこかに消えたのは花粉のせいなのか風邪のせいなのかはたまた低気圧のせいなのか。 遅い、というのがなんとも苛立つ最大の要因で、それがなんで起きたのか俺にはわからないのだが。 ブログもさっぱり書けなくなっていた。人と…

2014/01/21

『映画を書くためにあなたがしなくてはならないことシド・フィールドの脚本術』 を読んで、今ノベルゲーのシナリオを書き上げたところなんだが、当たり前にここに書かれているあらゆるルールを無視していて凄く嫌になった。この方法に従えばもっとうまく書け…

2014/01/20

小説を書くと頭の奥がちりちり痛くなって凝るんだけどそれは結構悪くない気分だったりする。ただ、そうするともう他に何も出来ないからただぼーっとしているとか散歩するのが一番いいんだけど、なんだかんだTwitterみたりcivやったり実況動画みたりしている…

できることはとてもすくない。

小説を書き続けるために毎日書いた枚数を記録している。だいたい一ヶ月くらいになった。実感として毎日7枚くらい書けてるつもりでも、なんだかんだ書かない日があるから5枚くらいになるさらに諸事情があると平均値は一日三枚だ。でも記録していると、0の…

2013/12/23

学校が終わったら歩いて実家に帰ろうとちょっとした旅を計画していたが、三国志Ⅸを買ったのが運の尽きで、ずっと天下統一をしてる。もうどうしようもない。ところでわかったことが一つあって、210年の孫堅が、周囲に空白地帯が多いから難易度が低いという…

2013/12/20

三国志Ⅸを買ってはじめた。ようやく面白くなりはじめてきたところだ。少しずつコツを覚えてきたんだ。何回か失敗するのが一番手っ取り早く覚えられる。 窓を開け放したまま眠っていた。目が覚めていたらひどく目が乾いていた。 久しぶりにラーメンを食べた。…

2013/12/16

やる気が出ないっつーか、集中力が試験勉強につぎ込まれているからだと思うんだけど、そういう時の簡単な娯楽ってのはいつでもよくわからないな。身体動かすのが一番いいのかもしれないけど、外に出るのは結構億劫だし。インターネットやってんじゃんって思…

腹いっぱい食べようではないか

家の近くの川沿いではいつも走っている人がいて、歩く人だって運動として歩いている。 散歩をしているような人は誰もいない。 ゆっくり歩くことというのは失われつつあるのかもしれない。よく周りの人間が何をしていいかわからないとか時間を持て余してるの…

過去に何度も見た夢を想起することによって引き出される過去の詳細な記憶

砂漠を走っていた。夢のなかだと思う。俺は暑さを感じなかった。渇きに気づくこともなかった。ひょっとしたらそれは何かのゲームの記憶なのかもしれない。映画かもしれない。僕はその地平を歩いていくうちに双子に出会った。その二人に関するもっとも納得行…

惰性にあらがうための幾つかのこころみ

堪え性が無いというか。思いつきを形にしようとしてるんだが次の日には続きを書く気になれなくなっている。あれやこれやと忙しいせいもあるんだろう。それからなんとなく時間を過ごしてしまっていることだとか。なんとも微妙な話で、時間の過ごし方くらい自…

スケッチ

炭酸水のサーバーが欲しいんだと語る男は細いズボンを履いていて、イオンモールでタイカレー缶をまとめ買いしていた。そこでしか手に入らないものがたくさん有るのだと言う。 自分が手に入れられない何かが手に入る場所にたどり着いたとおもったら、それはど…

好きなもの

http://www.youtube.com/watch?v=FpsGcnLEZbk このPVなんかスゲー好き。 8tracksで最近いろいろ探してたりする。 音楽はポストロック系統をいろいろ聴いたり。 God is an astronaut This will destroy you The best pessimist Gregor Samsa などなど このへ…

未開拓地としての夢、もしくは知っていると想定される主体

HIV陽性だと診断される夢をみた。 俺は恐ろしくて震えたが、夢は続いた。その後にどんな夢をみたのかは覚えていない。しかし寝汗をびっしょりかいていたから、さほど時間はたっていないのだろう。とても長い時間に思えたのだが。 HIVにかかったとしても適切…

日記

教育学をエビデンスベースでばりばりにやってる事例を説明した本を読んだんだけど、なんつーかもっと専門的な本があればいいなあと思った。経済学的な性格の悪い見方を交えて書かれた教育学の本があればいいと思う。 日本では対照実験をするのが凄い難しいみ…

ツイ禁しんどい

ツイ禁をしてもとにかく何か書きたいという願望はあるわけが、断片的に書き散らすこともできないのでこうやって文章を書いてしまう。 それでもなにやかにやとタイムラインを覗いたりふぁぼったりしている。携帯からツイッタークライアントは削除したから出先…

日記

天気が良かったので散歩することにした。最近わりとしっかり筋トレをしている。上半身と下半身を別々の日にやるといい(というかある部位の筋トレは二日あけないと意味が無いらしい)ので、今日は上半身の日にしようと思ってリバース・プッシュアップをやっ…

生活の単調さ

生活が単調になっていくのを感じる。ある程度は仕方ないにしても、同じwebサイトを見て、おなじような筋書きの漫画を読む。そして同じ音楽を聞く。同じ帰り道で、いつもと同じ店に寄る。 それが習慣になるのはまずい。退屈は精神を蝕んでいく。どんよりとし…

図書館に行った

晴れているのに雪が降っていた。 外に出るたびに思う。天気はいつだって悪くなるし、風は大抵は向かい風で、自転車を漕いでる時はもっとそうで、車に乗ればさらにひどいのだろう。 図書館でパースの伝記を探した。タレブの本に興味深げに引用されていたのだ…

日記

ステーキ屋でブライアン・マギーの哲学史を友達が見せてきて俺はカール・ポパーとか?と聞いた。そうして開いたページはちょうどポパーで、今日散歩しながら吸い込まれていった図書館で読んだタレブの本によればブライアン・マギーはカール・ポパーの弟子な…

信者でもなくアンチでもなく

ここ数日ノベルゲームをやっていた。廃人の如きペースであり、3日ほどのめりこんでクリアして、アマゾンで注文した作品が届くまでに部屋を片付け食材を買い込むことを繰り返していた。 ネタバレをするつもりはないし。やった作品について書いておきたいとい…

日記

http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/Tmp/godin.html 崇拝と理解が不可能なものから逃れるために体力を使う。 http://www.math.tohoku.ac.jp/~kuroki/keijiban/b0025.html 黒木のなんでも掲示板のログ。これに昔出会っていればかなり違ったんじゃ…

散歩

散歩していたらやたらとタイヤ屋が目についた。あんまり嬉しい光景じゃないが、群馬への国道を走っていたときにまともに営業してたのが墓石屋だけってのよりは幾分かマシだ。その国道沿いではパチンコ屋さえも廃墟になっていた。 近所の結婚式場の教会がやけ…

小説ばかり読んでいた。

ここ一週間ほどずっと小説を読んでいた。 衝動がやってきたんだ。ずっと本を読む必要があると感じた。物語で頭を破裂させるくらいにすればいいんじゃないかって思った。 だけど小説に関する何かをよどみなく書けるようになったわけじゃない。拙い感想しか書…

日記

昨日とは打って変わってすげーやる気になったかに思えた。昨日まですげー中毒性があったシミュレーションゲームの誘惑はぜんぜん魅力的じゃなくなっていた。ほんと、不思議な感じ。これでクリーンに戻れるぜって、でもちょっと休憩のつもりがだらだらだらだ…